生理痛⑧

サプリメントでも補える!生理の時に積極的に摂取したい成分

生理痛に悩む女性は、生活習慣の見直しが肝心です。

生活習慣の中でも、食事の改善は大きなウェイトを占めます。

でもなかなか普段の生活で、生理痛を緩和する完璧な食事が出来るか、口に入れるものに気を付けられるかというと、それは疑問です。

生理の時に積極的に摂取したい成分を、サプリメントでも補えるとしたら、こんなに便利なことはありませんよね。


サプリメントでも補える!

生理痛に良いとされる成分の入ったサプリメントは、たくさん市販されています。

サプリメントの最大のメリットは、身体に優しく穏やかに作用することです。

もちろん薬ではありませんので、即効性は望めませんが、時間をかけてじっくりと体質改善してくれます。

サプリメントを飲むのに向いている人は、薬を飲むことが嫌いな方や、ゆっくりと効果を実感したい人、生理痛が重篤でない人などです。

サプリメントを活用することで、普段の食事ではどうしても補いきれない成分を、手軽に摂取出来るのですからこれは是非に利用すべきです。


生理の時に積極的に摂取したい成分とは?

では、生理の時に積極的に摂取したい成分には、どんなものがあるのでしょうか?

生理痛を起こすプロスタグランジンという痛み成分の分泌が多くなる原因は、プロスタグランジンの生成を促す酵素の働きが活発になるからです。

この酵素の働きを抑制するのが、青魚などに多く含まれるDHA,EPAという成分です。血液の流れもサラサラにしてくれます。

魚が苦手で、DHA,EPAという成分をたくさん摂取するのが難しい女性は、DHA,EPAのサプリメントで血行を促しましょう。

また生理中は、出血を伴いますので、貧血気味に陥ります。貧血を補うためには鉄分の補給が欠かせません。

ひじき、小松菜、ホウレン草などをたくさん食べましょう。鉄分サプリもおススメです。

そして生理の後半は、血液が滞りやすいので、ビタミンEを含む唐辛子、モロヘイヤ、大根の葉、しそ、赤ピーマンなどを積極的に食べたいものです。

もちろんサプリメントでもOKですね。


まとめ

生理痛に積極的に摂取したい成分を含んだサプリメントを摂取する際に気を付けることがあります。

サプリメントを飲んでいるからと安心して、サプリメントだけに頼り切った生活は非常に危険です。

基本は毎日の食事です。補いきれないものを補うのがサプリメントです。上手に活用しましょう。

食事の改善ができたら、あとは規則正しい生活のリズムを作ること、ストレス解消が出来たら、ゴールは近いですよ。